東京で看護師の求人が多いのはいいことはないのです

東京で看護師の求人が多いということは看護師にとって職場を選べることになるので、看護師にとっては非常に良いことで、看護師になれば就職の心配をする必要もないくらいに看護師は売り市場と言われているのです。
しかし東京で看護師の求人が多いということは、裏を返せば看護師不足になっていることで、医療現場では深刻な問題を抱えていることにつながるのです。
看護師不足は患者の命にも関わる大事なことで、看護師の数が不足していると医療事故にもつながることになってしまうのです。
看護師の数を増やすにはどうしても医療の現場の環境を改善する必要もあり、看護師が気持ちよく働ける環境を作って看護師を増やす努力を東京だけではなく国レベルでしていく必要があるのです。